Veritas Tech Symposium 2020 - Winter

​~ Abstraction で拓くクラウドの未来 ~

デジタル化は、世界をフラットにし、ビジネスと組織に改革をもたらしました。
新たな広がりを見せるイノベーションは、見たことの無い可能性へとつながる一方、多様化と拡散という課題も投げかけています。


Tech Symposium 2020 - Winterでは、新しいTech Communityのつながりの場として、形態を一新させたイベントを企画致しましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響により、イベントは中止、すべてのコンテンツをデジタル化し、改めて本サイトにて配信いたします。

クラウドバイデフォルトは VMware Cloud on AWS + VERITAS で ~検証で分かった「可用性」「データ保護」競合優位ポイント~

VMware Cloud on AWSで基幹システムのSLAを担保するためには、クラスタ/バックアップ製品は必須です。ベリタスだからできる、大規模、ヘテロ、ハイブリッド/マルチクラウド、クラウドストレージの活用と他社製品と比較したNetBackup、InfoScaleのメリットもお伝えします。

クラウドのスナップショット、CloudPoint 2.2.2 を動かしてみた ~ AWS EC2、RDS、Auroraのデータ保護 ~

CloudPointをそろそろ国内レディネスしませんか?EC2のスナップショット&ファイルリストア、RDS&Auroraのスナップショット、MSSQL、MongoDBなどのアプリケーション整合性、レプリケーション、RBAC(Classificationも…!?)はたして全て動作したのか!?

実は難しいクラウド上のスモールスタート ~ InfoScale がその課題を解決します!

クラウドの大きなメリットとして「スモールスタートが可能」が歌われています。確かに、クラウド上の既存インスタンスにストレージを追加するのは簡単なので、スモールスタートしてビジネスの拡大に応じてシステムをスケールアップするのは容易に思えます。しかし、ビジネスクリティカルなシステムの場合、話はそんなに簡単ではありません。本セッションでは、スケールアップを阻む具体的な要因を説明した上でInfoScaleでどのように解決するかを紹介致します。

クラウドデスクトップの衝撃!その保護は必要なのか?~AWS WS Streaming, Azure VDI, Citrix on Cloud 編

オンプレと比較してもメリットが多く、中小企業でも注目されはじめているクラウドデスクトップ。一方、未だランサムウェアの脅威は衰えず、PC データに対する被害は後を絶ちません。主要クラウドデスクトップの各サービスにおけるデータ保護の状況を理解し、来たるべき様々な脅威、障害、災害に万全を期すためのアプローチについて紹介します。

忘れていませんか?SaaSデータ保護の重要性 ~O365, GSuite, Salesforce~Veritas SaaS Backup によるデータ担保

Office365、G Suite、SalesforceなどSaaS アプリケーションの利用者が増えています。SaaSベンダーにデータの保護をお任せし、ユーザーはデータの保護をしなくて大丈夫でしょうか?なぜSaaSにバックアップが必要か?どのようなリスクがあるか?など考えるべきポイント、そして、安心してご利用頂けるVeritas SaaS Backupをご紹介致します。

最新!小規模&エッジ向けバックアップアプライアンス登場!

信頼の大規模環境統合バックアップアプライアンスファミリーに小規模&エッジ向けFlex 5150アプライアンスが参加。コンテナ技術を採用した意味とあえて小規模&エッジ向けアプライアンスをラインナップに加えた意義をユースケースを交えて解説します。コンテナベースであるが故の柔軟性を実装とアップグレードのデモを交えて紹介します。

5Gがやってきた!Game/AR/IoTアプリを保護するNetBackup for MongoDBとは?最新鋭の実装に迫る!

ソーシャルゲームやIoTで利用されているNoSQLのドキュメント型データベース。その分野で最大のシェアを誇るMongoDBにNetBackupが対応します!NetBackupでどのようにバックアップしリストアできるのか、その全貌を明らかにします。

広がるコンテナプラットフォームと現実になったその保護 ~Kubernetes, Docker, Openshift 保護のベストプラクティス

コンテナ化の波に乗り遅れていませんか?コンテナはクラウド同様に今後避けては通れない技術です。しかしながら、エンタープライズクラスの要件でコンテナを導入するには未だ課題があり、データ保護もその1つです。コンテナの専門知識不要!HPEとVeritasがエンタープライズコンテナのベストプラクティスをお伝えします。

APIを使ってみよう!初心者のためのNetBackup REST API入門編

NBU8.2から本格的にREST APIが用意されました。NBUのREST APIがどのようなものか知りたい方、実装に向けてまずは知識をつけておきたい方を対象としたセッションです。

データから判断を引き出す!Information Studio によるハイブリッドクラウドのコンプライアンス対策とデータマネジメント

ファイルの内容を識別する強力な分類エンジンを搭載したInformation Studioは、ハイブリッドクラウド環境下のあらゆる情報を単一のUIで可視化します。更に単なる可視化だけではなく、分類した情報に対してActionの実行もサポート。コンプライアンス対策や最適な情報マネジメントに如何に対応するかをご紹介します。

HCIへのデータ移行を加速!本番機に影響を与えないインスタントリカバリからのデータ移行とその後の保護

HCIは比較的新しいテクノロジーであるがゆえに、新環境へ移行する上でこれまでなかった新しい課題や悩みなども多いのではないでしょうか。本セッションでは通常の仮想環境からHCIへ移行するためのツールとしてNetBackupを利用した効率的な移行手法について、生の検証結果から得た手順や考慮点・Tipsなどなど、移行する上での有用なポイントを20分の枠に濃縮還元してわかりやすく解説致します。

ひとり情シスのためのデータ保護、Backup Exec 20.6 永久増分編 ~ベンチマーク結果を添えて

データ量の増大により、仮想マシンのバックアップも時間内に収まらなくなっています。Backup Exec 20.6の永久増分バックアップでは、1回目のフルバックアップの後、増分バックアップのみで運用を続けることで、全体的なバックアップ時間の短縮を実現します。これらの効果を実際の検証結果を交えて紹介します。

このサイトは、ベリタステクノロジーズ日本法人が運営しています。
 

ベリタスについて
Enterprise-Data-Services-Graphic-EDS-RGB

© 2020 Veritas Technologies (Japan) LLC